JavaScript seems to be disabled in your browser.
You must have JavaScript enabled in your browser to utilize the functionality of this website.

言語対応:日本語English sales@aueem.com

W型オイルセパレーター

W型ヘリカル式オイルセパレーター

W型取り外せるオイルセパレーター

W型車用オイルセパレーター

V型圧力差逆止弁

PKW型オイルセパレーター式オイルレシーバー

OR型オイルレシーバー

OLC型固定式オイルレベルレギュレータ

OLC型可調式オイルレベルレギュレータ

G型オイルフィルター




コンプレッサー運転中、出口に通常に冷凍オイルがある。コンプレッサーから沢山の冷凍オイルが流失しないように、そして、冷凍オイルが冷媒とともにシステムの中に入れて、コンデンサー放熱機能及び蒸発器の製冷効果に影響を与えないように、コンプレッサーとコンデンサーの間に一つオイルセパレーターを取付けて、冷凍オイルと冷媒を分離して、オイルを自動的にコンプレッサーのクランク室に戻させる。

システムの設計、荷重と霜取り周期で、変わってるオイルはオイルセパレーターから戻らせる。その原因で、オイル管理システムの操作に対して、オイルの安全備蓄量が必要。オイルタンクはオイルを備える容器である。サイトガラスポートがあり、容器中のオイルレベルを見つめる。

Gシリーズオイルフィルターは、3ミクロン粒をろ過効率が99%に達して、相変わらず充分の流量を持つ低圧降下を維持出来る。Gシリーズフィルターは非常に優れるろ過能力を持つ、清潔なPOEオイル、鉱物オイル或いはアルキルベンゼンをコンプレッサーの中に戻させる。

清潔なオイルがオイルレベルレギュレータの正常作動を確保だけでなく、コンプレッサーの摩損も減らす。Gシリーズオイルフィルターは実際に循環中出た浮遊状態の固体汚れでのオイルチェンジ仕事をなくせる。

オイルレベルレギュレータは一つの浮く作動のバルブでコンプレッサクランク室中のオイルレベルを抑える。オイルレベルレギュレータのオイルレベルを1/2サイトガラス位置に設定して、この位置より低いなら、中の浮く作動のバルブは自動的に開く、オイルタンクからオイルを吸入させて、オイルレベルがレギュレータの設定値に至った時、バルブが自動的に供給占める。これで、コンプレッサーのオイル欠なくて正常に運転できる。