JavaScript seems to be disabled in your browser.
You must have JavaScript enabled in your browser to utilize the functionality of this website.

言語対応:日本語English sales@aueem.com

X型マフラー

U型アキュムレーター

R型熱交換アキュムレーター

Q型アキュムレーター

K型両方向フィルタードライヤ

熱交換アキュムレーター & 液体レシーバー

GJ型取付ブラケット

ES型フィルタードライヤ(ルーズコア)

EK型フィルタードライヤ(固定式コア)

C型垂直式レシーバ

C型水平式レシーバ

ドライと吸込みドライヤー(取り外せる)




マフラーの設計目的はコンプレッサー運転時現れた圧縮振動と騒音を排除することである。マフラー内部にいくつかの仕切り板が設けて、流体のコンプレッサー運転時現れた共振騒音頻度を下げる。騒音が高い機種に対してはいい選択であり、コンプレッサーの高圧出口パイプ直径により適応マフラーの出入口規格を選ぶ。各種の冷媒に適用出来る。

製冷循環システムの中に、冷媒がコンプレッサーに返す前に完全に気体化べきだ。そのために、冷媒がコンプレッサーに入った 前に必ず気態と液態を分離して、気態冷媒をコンプレッサーに入れさせて、それによりコンプレッサーが液衝撃を避ける。液態冷媒がセパレーターの中にて徐々に蒸発して、蒸発してからコンプレッサーに入る。システム中に残留してる冷凍オイルをコンプレッサーに返させるために、アキュムレーターのガス戻しパイプの底部にオイル戻し孔を設けて、システムの中に残留してる冷凍オイルがアキュムレーターの中に入ってから、気態冷媒につれてコンプレッサーの中に戻す。アキュムレーターの保護ため、コンプレッサーの寿命はもっと長続く、システム循環ももっと正常になる。

製冷システムに、膨張弁に入った冷媒が清潔で乾燥であり、そうでなければ、膨張弁が汚れに塞いで、水分なら氷塞ぎを起こす。上述二つの現象を避けるために、冷媒が膨張弁に入る前に、フィルタードライヤを取付ける。

垂直式レシーバと水平式レシーバの機能は、蒸発器に提供する冷媒を蓄える。システムをメンテナンス時に、レシーバはすべての冷媒を蓄える。